原文: How to Install Node.js on Ubuntu and Update npm to the Latest Version (Adebola Adeniran)

翻訳・翻案: Mell

※この記事は 2020 年 6 月時点の内容になっています。

apt パッケージマネージャを使って最新版の Node.js をインストールしようとすると、v10.19.0 になってしまいます。これは Ubuntu App Store にある最新版ですが、Node.js の最新版ではありません。

これは、あるソフトウェアの新バージョンがリリースされた場合、Ubuntu チームがテストして、公式の Ubuntu App Store でリリースするまで数ヶ月かかることがあるためです。その結果、どんなソフトウェアでも最新版を入手するためには、開発者が公開しているプライベートパッケージを使用しなければならない場合があります。

このチュートリアルでは、Node.js の v12.18.1 (LTS - Long Term Support: 長期サポート) または v14.4 のいずれかを取得します。最新版を取得するには、NodeSource または nvm (Node Version Manager) のいずれかを使用することができます。両方の使い方を紹介します。

ここでのコマンドはすべて Ubuntu の CLI (ターミナル) を使用して実行されます。

NVM の使用 - 私が推奨する方法

nvm を使用すると、プロジェクトごとに異なるバージョンの Node.js を使うことができるので気に入っています。

時には、異なるバージョンの Node.js を使っている人とプロジェクトで共同作業をしていて、プロジェクトで使われている Node.js のバージョンに切り替える必要があるかもしれません。そのような際、nvm は最適なツールです。

NVM のインストール

curl -o- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.35.3/install.sh | bash

nvm がインストールされているか確認するには、nvm --version と入力します。 0.35.3 のようなバージョンの番号が返ってくれば、nvm は正常にインストールされています。

変更内容を反映するために、ターミナルを再起動してください。

NodeJSのインストール

次に、バージョン 14.4 の Node.js をインストールしましょう。

nvm install 14.4.0 と実行するだけです。

同様のコマンドを使用し、任意のバージョンの Node.js をインストールすることもできます。(例: nvm install 12.18.1)

このコマンドは Node.js と最新の npm バージョン (v6.14.5) を自動的にインストールします。

Node.js のバージョンを切り替える必要がある場合は、nvm use <バージョン番号>  を実行するだけです (例: nvm use v12.18.1)。

nvm でインストールした異なるバージョンの Node.js の一覧を表示するには、 nvm ls を実行します。

NodeSourceのインストール

以下のコマンドを実行して、Ubuntu に Node.js をインストールすることを伝えます。パッケージを NodeSource から取得します。

curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_14.x | sudo -E bash -

注意: v14.4.0 は Node.js の最新バージョンですが、現在 LTS は提供されていません。最新の LTS 版の Node.js をインストールするには、上記のコマンドの 1412 に変更してください。

root ユーザーのパスワードを入力するよう促される場合があります。その場合、入力して Enter を押下してください。

NodeJSのインストール

NodeSource の設定が終わったら、次は v14.4 の Node.js をインストールします。

sudo apt-get install -y nodejs を実行してください。

インストールが完了したら、最新バージョンの Node.js がインストールされているか確認します。

ターミナルに nodejs -v と入力すると、v14.4.0 が返ってくるはずです。

この時点で、npm が自動的にインストールされているはずです。npm のバージョンを確認するには npm version を実行します。npm の最新バージョン 6.14.5 を含むオブジェクトの { npm: '6.14.5' } が表示されない場合は、以下のコマンドを実行して、手動で npm を更新することができます。

npm install -g npm@latest

npm がインストールされていないためにアップデートできないという問題が発生した場合は、sudo apt-get install -y npm で先に npm をインストールした後、上記のコマンドを実行してアップデートすることが可能です。

また、ある種の npm パッケージを実行するためには、以下のコマンドも実行する必要があります。

sudo apt install build-essential

以上です。

これであなたの Ubuntu 環境に最新バージョンの Node.js と NPM がインストールされた状態になりました。

素晴らしい作品を作ってください 😊