原文: About Blank – What Does about:blank Mean and Should You Get Rid of It?
原著者: Abbey Rennemeyer
翻訳・翻案: Yoko Matsuda

どこかのウェブページにアクセスしようとした時、アドレスバーに目的の URL ではなく "about:blank" と表示されてしまったことがありますか?

心配ありません。これは時々起こることで、悪いものではありません。この記事では、以下の点を解説します。

  • about:blank とはどういうものか
  • なぜ表示されるのか
  • どのような場面で使うか
  • 表示されないようにすることはできるか
  • 心配する必要があるものかどうか

では始めましょう。

about:blank とは?

about:blank とは、ブラウザで表示できるものが他に何もなかったときに表示されるページです。これはインターネット上のページではなく、あなたのブラウザの内部にあるものです。

"about" の部分は、ブラウザの about URI (URL) scheme に基づいています。アドレスバーに "about:[項目名]" と入力して、あなたのブラウザに関する詳細情報を表示できる機能です。

Chrome、Firefox、Safari、Edge、Chromium、Internet Explorer などの主要なブラウザであれば、この機能に対応しています。

例えば Chrome で "about:dino" と入力すると、Chrome が自動的に chrome://dino と変換し、あのいまいましい "No Internet" のメッセージと恐竜を表示します。

about-dino
でもちょっと待って、なぜ?

Chrome の恐竜ゲームをプレイしたことがないなら、この記事が参考になるでしょう (時間を無駄にする覚悟をしておいてください)。でも、このゲームは特に重要ではありません。

もっと便利な機能があります。例えば "about:about" と入力すると、Chrome URL の一覧を表示できます。

about-about-chrome
たくさんの URL (このスクリーンショットに収まりきらないほどあります)

では about:blank の ":blank" の部分に戻りましょう。これは、他に表示するものがなければ空白のページを表示することをブラウザに指示します。

つまり、文字通り何もない真っ白なページを表示します。

about-blank
分かりやすい良い名前ですね。

繰り返しになりますが、これはインターネット (ウェブ) 上の場所ではありません。上記のような目的のため、ブラウザが持っている空白のページです。

なぜ about:blank が表示されるか

ではなぜこの空白のページが表示されることがあるのでしょう?主な理由には以下のようなものがあります。

  • 無効なリンク・URL にアクセスした時
  • ブラウザにとって表示すべきページや実行すべき処理が不明な状態になった場合でも、何かをしなければならないので、結果として about:blank を表示する
  • ブラウザがマルウェアなどの危険を検出した場合、ブラウザによっては、危険なページに進む代わりに about:blank を表示するものがある

ここまでで分かる通り、about:blank 自体は何も心配するようなものではありません。しかし、頻繁に表示される場合は、あなたのコンピューターがマルウェアに感染していないかチェックすることをお勧めします。この点については後ほど詳しく説明します。

about:blank の用途

どのような場面でこの空白のページを意図的に表示させたいのか、疑問に思っているかもしれません。役に立つことは特になさそうですよね。

でも考えてみてください。

インターネット接続の帯域が狭く、通信速度が遅い場合の対策として、ブラウザのホームページを about:blank に設定できます。これにより、ブラウザや新しいタブを開く度に通信量や時間を無駄にすることを避け、高速に表示できます。

about:blank をホームページに設定する方法

Chrome の場合、メニュー (ブラウザ右上の縦に三つ並んだ点のアイコン) から設定を開き、「On startup (起動時)」のセクションを探します。(一番下にある可能性が高いです。)

make-about-blank-homepage-1

次に、三つめのオプション「Open a specific page or set of pages (特定のページまたはページセットを開く)」を選択し、表示される入力欄に "about:blank" と入力します。

これで、ブラウザや新しいタブを開いた際に、空白のページが表示されるようになりました。

about:blank のその他の使用目的

ブラウザを開いた時に、以前のブラウジングセッションで閲覧していたタブなどが表示されないようにしたいこともあるでしょう。

about:blank をホームページにすることは、プライバシーの観点からも有益です。また、オフライン状態でもブラウジングセッションを開始でき、帯域幅を節約できます。

about:blank が表示されないようにできるか

about:blank は、取り除いたり回避しなければならないものではありません。しかし、ブラウザを開くたび毎回表示されるのであれば、起動時に about:blank を表示するように設定されている可能性があります。

これが希望する動作でない場合は、ホームページの設定をお好きなページに変更してください。(前述の手順を参考にしてください。)

about:blank はマルウェアやウイルス?

この記事で説明した通り、about:blank 自体は悪意のあるものではありません。しかし、あなたのコンピューターがマルウェアをブロックしている兆候の可能性もあります。そのため、関連している場合もあります。

アンチウイルス、アンチマルウェアソフトウェアの中には、危険な URL やサイトを検出した場合に about:blank を使用するものがあります。つまり、悪意のあるサイトへ誘導せずに、空白のページを表示することであなたを守っているのです。

また、マルウェアがシステムから削除された後に about:blank ページが表示されることもあります。もしマルウェア削除の過程で何かが破損した場合、ブラウザはあなたが実行しようとした操作を完了できなくなり、about:blank を表示することがあります。

結論として、about:blank をホームページに設定したい場合や、あなたのコンピューターがマルウェアやウイルスに感染した可能性の調査が必要と思われる場合を除き、about:blank について心配する必要はありません。